テーマ:ブログ

こんばんは。埼玉県富士見市ふじみ野駅前の
勇気づけ国語塾塾長の原田武敬です。

 

意見を書く力をつけるために

新聞を活用しています。

 

まず、考えを書く。

次に、根拠を書く。

最後に結論を書く。

 

この型は、

もちろん、発表にも活かせます。

 

写真の真ん中にある四角の中には、問いを書きます。

「何について自分の考えを書けばよいのか」

今週、中学年、高学年クラスで行いましたが、

僕から問いを言わなくても

自分の力で「問い」を

作ることができました。

IMG_4015


テーマ:ブログ

こんにちは。埼玉県富士見市ふじみ野駅前の
勇気づけ国語塾塾長の原田武敬です。

 

 

子どもたちに

「どんな意見を言ってもいいんだ!」
ということを実感させるなら、

 

「どんな意見をいってもいい」

体験をさせることです。

 

どんな意見もOKと口で言っていても

それを暗に認めていなかったら、

子どもたちは
「やっぱり、どんな意見もOKじゃないんだな…」

ということを学んでしまうでしょう。

 

 

ですから、

すべてが正解のような問いや

正解がないような問いのことです。

 

たとえば、

「いつも背負っているランドセルが、

寝る前に話しかけてきたよ。なんて言った?」

のような問いのことです。

 

頭を使って、

自分の意見を言えて、

仲間に意見を聞いてもらって、

そしてなにより楽しめて…。

安心感のある場になり、雰囲気もよくなりますね。


テーマ:ブログ

こんにちは。埼玉県富士見市ふじみ野駅前の

勇気づけ国語塾塾長の原田武敬です。

 

本格始動した勇気づけ国語塾。

毎回、子どもたちは、

楽しみながらも

話をよく聞き、

よく考え、

自分の考えを

伝えています。

 

 

自分の考えをもつ第1歩。

それは、好きか嫌いかを決めること。

どちらがよいか(好きか)決めること。

そして、その根拠を考えること。

 

考え+根拠。これが意見です。

 

子どもに決めさせ、

根拠を聞く。

 

これが、

考える力の基礎体力となります。

埼玉県富士見市ふじみ野西にある、お子様のやる気と自信、
生きる力が育つ「勇気づけ国語塾」のWEBサイトです。

Copyright © Yuukizuke Kokugojyuku All Rights Reserved.

PAGETOP