勇気づけ国語塾|埼玉県富士見市の国語塾

潜在意識を生かした先生のための勇気づけの学級経営講座 | Just another WordPress site


テーマ:

どんな学級にしたいと思っていますか?

イメージする学級の姿がありますよね。

今のあなたの学級はどんな学級ですか?

どんな子がいますか?

今までのあなたの学級はどんな学級でしたか?

どんな子がいましたか?

yjimage-2

 

yjimage-3

 

 

 

今までとは違った方法で

学級経営について一緒に考えてみませんか?

 

 

学級経営講座を受講された先生方の感想です。

年末に行った学級経営講座のご感想を紹介します。

o1917255614109451863

職場の若い人たちに伝えたいことをどのように伝えたらいいのかを知りたくて受講しましたが、

 自分の学級経営を見直す良い機会となりました。

 3学期から子どもとの向き合い方を再考したいと思います。

 講座の内容を復習し、活かしていきたいです。

 大人でも子供でも誰でも接し方、関わり方の基本は同じなのだなと感じました。

 明日からと言わず、今日から実践します。

 

・本日はありがとうございました。たけちゃん先生の講座を楽しみに参りました。

 まず、目指す児童像や学級像が大事ということから始まり、それが定まっていないと到達するまで

 にそれていってしまうということが良く分かりました。

 感情が動くように、楽しいように、笑いが起こるようにすると印象に残るということや

 笑うとハッピーになる、行動を先にするとハッピーになれるということを学び、早速実践しようと思

 います。

 それから担任の言葉掛けの影響が大きい、子供どうしが励ましあったり、

 使って欲しい言葉を使うようになるには、日常の担任の言葉に気をつけなくては・・・

 と思いました。

 本当に3学期にやってみたいことがたくさんある講座でした。

 次回もあるといいなと思いますが、もしできるなら長期休みの時にお願いしたいと思います。

 

・子どものやる行動には裏付けがあって、そこをくすぐってあげるといいんだなぁと思いました。

 クラスの子達は担任に突っ込んでほしんだなぁと思って喋っている子もいるので、

 構ってあげていますが、構いすぎるのもいかがなものか・・・と思ったりもしました。

 5年生は学習内容も多く、いろいろな面で余裕がないので、

 子供達の自主性だったり、活かしきれていないところもあったので、

 3学期は、子どもたちに任せてみようかなと思いました。

 

・個への勇気づけの視点での接し方は、当たり前になってきているな、と思いました。

 集団(学級)へのアプローチに、その場しのぎ、その場対応が続いていたので、

 目的・ゴールを決めて経営をしていく視点を得られました。

 ゴールまでのアプローチを真面目に考えすぎて、ああ時間ないし、私が面白くないし、

 と先延ばしにしていました。

 あと3ヶ月、子供に頼って頼んで、自分たちでできる、

 中学からの新しい人間関係も作っていける自信を持たせて

 卒業していってもらいたいなと思いました。

 具体例が昭和感いっぱいで、楽しかったです。大人も人間だから完璧ではないが、

 もっと自分がくだけて(自分にOKを出しまくって)楽に力を抜いてやって行きます。

 自分へのOKを出しまくってよく笑えた時間でした。

 

・たけちゃん先生が、これまでどのように学級経営されてきたのかが、具体的なエピソードから

 その様子をありありと想像することができました。もちろん面白いネタも有り、笑いました。

 10年前とは違い「勇気づけ」を軸に、今年度から久しぶりに「先生」として働くことになり、

 試行錯誤しながら今までやってきました。

 たけちゃん先生がされていた子どもたちとの関わり方やたけちゃん先生の考えが、

 4月から私がやってきたこととも重なり、自信にもつながりました。

 

 アドバイスもありがとうございました。楽しくなる工夫、色々やってみようと思います。

 (たまに楽しくなりすぎて、真面目な子に怪訝そうな顔されたりしますが…)

 今後も、「これで子どもは何を学ぶか」を考え、目の前の子どもたちを勇気づけていきたいです。

 まずは、先生からHAPPYですね!4時間あっという間でした。

 

 

同じ方法でやってもうまくいく先生とうまくいかない先生がいるのはなぜ?

こんにちは。原田武敬です。小学校教員を退職し、

現在、勇気づけ国語塾塾長、NPO法人勇気づけ学園代表理事
をしております。

この講座では、小学校教員15年で経験したことや
アドラー心理学を中心にした実践で、どのような学級経営をしてきたのか、

具体的事例を挙げてお話しします。
アドラー心理学と小学校での実戦の関連を、

あなた自身の学級経営にアレンジして生かしていただければと思っています。

講座の内容は以下の通りです。

子どもの教育に有効な方法はたくさんあります。

しかし、同じ方法でやっていても

うまくいく先生とうまくいかない先生がいるのも事実です。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

 

経験の差なのでしょうか? 

いいえ、そんなことはありません。

経験が少ない人でもうまくいく先生もいますね。

一方で、経験豊富だけど、うまくいかない先生もいます。

 

一番大切なのは先生の思考、心の状態です

うまくいくかどうかは、「人」なのです。

もっと突き詰めると

その先生の「思考」「心の状態」が影響しているのです。

ですから、この講座では、「思考」「心の状態」「潜在意識」を扱い、

根本的な部分から学級経営のアプローチします。

 

 

他人を変えることはできませんが、自分を変えることはできます。

先生が変わると子どもが変わるのです。

 

yjimage-1

 

 

日時:平成30年4月7日(土)10:3015:00

場所:勇気づけ国語塾

   埼玉県富士見市ふじみ野西1-4-1

   アーバンノース1F

   ふじみ野駅西口徒歩1分

  (東武東上線池袋から急行25分)

 

 

内容(予定)・アドラー心理学の理論と実践

      ・潜在意識について

          ・出来事から自分を知る

          ・イライラするポイントがカギ

          ・思考、心を整える

        ・なんでも相談会

参加費: 3万円

 

 

 

 

埼玉県富士見市ふじみ野西にある、お子様のやる気と自信、
生きる力が育つ「勇気づけ国語塾」のWEBサイトです。

Copyright © Yuukizuke Kokugojyuku All Rights Reserved. Created by CyberIntelligence

PAGETOP